この子のために

アイルランドは、僕が想像していた以上に素朴な国でした。

素朴という言葉も当てはまりますが、あまり経済的に豊かでない人もいるようでした。

仕事をしていない若い人もいるようでした。

「この子のために、お金をください」 といいながら、
僕に赤ちゃんを見せる母親がいました。

ベンチで座っている僕に親しそうに話しかけてきたカップルも、
「この子のために、お金をください」 と言いました。

特に、あとのカップルは車に乗っていたので、本当に貧しいわけではないように見えました。

きっと、働きたくないんだと感じたので、断りました。

僕は明らかに旅行者であり、旅行できるほどのお金があるなら分けてくれ、
といわれているような気分になりました。

もし、僕が彼らの立場になったとして、
働き口がなくてお金がなく、赤ちゃんに食べさせる食べ物がなければ、
きっとそうするだろうか。

アイルランドの一面。

管理人:さくらへのメールはこちらです。↓
icoicoyuko■yahoo.co.jp の■を@に変更してください。(スパムメール対策のためです。)

お気に入り写真集
パブ セッションの様子
B&B ホステル
ゴールウェイ
ウィックロウ
グウィードア
バレン
モハーの断崖
マイフィドル
参加したサマースクール
ミルタウンマルベイ クレア
フィークル クレア
タバカリー スライゴー
おすすめ記事
アイルランドとの出会い
ギネスビール
アイリッシュダンスと伝統音楽
アイルランド伝統音楽に使われる楽器
僕が教えてもらったゲール語
レプラホーンという妖精
リバーダンス
ヒッチハイクのやり方
旅を終えて
一人旅で困ったこと
帽子泥棒
水の音で目が覚める
女の子と同室
この子のために
爪きり
おすすめリンク集
アイルランド関連
民族音楽
旅行記
留学
旅行
このサイトについて
さくらの自己紹介
リンクについて