僕が教えてもらったゲール語

このページでは、ヒッチハイクしてくれたおじさんに教えてもらった、
ドニゴール地方のゲール語をカタカナで(笑)ご紹介します。

僕をウエストポートからドニゴールまでヒッチハイクしてくれたおじさんは、シェイマスという名前です。

シェイマスとは、ウエストポートの有名なパブ、「マットモロイズ」で出合いました。

東洋人である僕は、よくアイルランド人から声をかけられる。
シェイマスもそんななかの一人。

「どこから来たの?」
「何しに来たの?」
「いつまでいるの?」

大抵、みんな同じ質問です。
ですが、彼の場合、僕の次の行き先であるドニゴールへ明日行く用事があるからということで、
次の朝、彼のホテル前で合流して、長いドライブをすることとなりました。

かれは、とても優しい。
そういえば昨日のパブでは、目の前を通り過ぎる若い女性に
「ベリービューティフル!」を連発するほど人なつこく、愛想がよかった。

ドライブ中も、僕を開きさせないために、ゆっくりといろんな話しをしてくれる。
アイスクリームを買ってくれたり、なじみの喫茶店に連れて行ってくれたりしました。

彼の携帯電話がなったとき、英語から、聞き取れない違う言語に突然変わり、また英語に戻った。

このとき彼は、ゲール語だよ、と教えてくれた。

「エスマシェア さくら アス 大阪」これで、「私は大阪から来たさくらです」ということになるらしいです。

あとは、「インタモイ!」は「ベーリーグッド!」。

「コノストートゥ?」は「元気ですか?」

「スランチャ!」は「乾杯!」。

現地の言葉を話すと、とてもとてもよろこばれますね。

管理人:さくらへのメールはこちらです。↓
icoicoyuko■yahoo.co.jp の■を@に変更してください。(スパムメール対策のためです。)

お気に入り写真集
パブ セッションの様子
B&B ホステル
ゴールウェイ
ウィックロウ
グウィードア
バレン
モハーの断崖
マイフィドル
参加したサマースクール
ミルタウンマルベイ クレア
フィークル クレア
タバカリー スライゴー
おすすめ記事
アイルランドとの出会い
ギネスビール
アイリッシュダンスと伝統音楽
アイルランド伝統音楽に使われる楽器
僕が教えてもらったゲール語
レプラホーンという妖精
リバーダンス
ヒッチハイクのやり方
旅を終えて
一人旅で困ったこと
帽子泥棒
水の音で目が覚める
女の子と同室
この子のために
爪きり
おすすめリンク集
アイルランド関連
民族音楽
旅行記
留学
旅行
このサイトについて
さくらの自己紹介
リンクについて